Huluを使ってトイックの英語リスニング力を1ヶ月で上げた3つの方法

アメリカ留学

トイックの試験において多くの方が頭を悩ますのがリスニング対策ですよね。

これはTOEICだけではなく、TOEFLibtやIELTSでも同様です。
多くの日本人の方は今まで読み書きは学校で勉強してきても、SpeakingやListeningについては殆ど勉強してこなかったと思います。

また日本にいると日本語だけで十分で英語を話さなくて良い環境であることもあり、中々英語の話す聞くが上達しない環境にあります。
僕もアメリカに留学をしようと決める前は全く英語が聞き取れませんでしたが独自の勉強方法で短期間のうちに英語のリスニングとスピーキングを向上させることに成功しました。

今回は僕が英語のリスニング力をアップさせた勉強方法について皆さんに紹介させていただきます。
この勉強方法はトイックだけでなく日常の英会話やTOEFL対策にも良いと思うので是非してみてください!

スポンサーリンク

HuluやAmazonプライムの無料体験を使用

僕が使用した教材は英語の教科書や参考書ではなく、Huluという動画配信サービスです。

もちろん参考書も使用して勉強しましたが、短期間でリスニング力を上げた根本はこのHuluとNetflix、Amazonプライムの3つを使用した勉強方法だと思っています。

 

HuluやNetflix、Amazonプライムといった動画配信サービスは無料お試し期間があるのですが、僕はその無料お試し期間を使用して短期間のうちに英語のリスニング力を上げることに成長しました。

動画配信サービスの中でも特にオススメなのはHuluですね。

もちろんNetflixも良いですが個人的にはHuluの方が使い勝手が良かったです。
(あくまでも個人的な意見になります。)

10秒巻き戻し機能というものがあるので聞き取れなかった英語を何度も簡単に聞き直せる点は英語学習にはうってつけだといえます

 

30分以内の洋画を選ぶ

一番最初にすることは30分以内の英語がメイン言語の洋画を選ぶという事です。

この「30分以内の洋画」というところが結構重要です。

あくまでも今回のHulu視聴の目的は英語のリスニング力の向上がメインであり、娯楽として視聴するわけではありません。

ですのであまり長い作品よりかは何度も同じセリフを聞いて勉強できる「30分以内の洋画」が一番良いです。

そういった点から

・Friends(フレンズ)

は特にオススメです。

日常会話ばかりなのでリスニング力をUPさせたいのなら「フレンズ」は是非とも使いたい教材です。

 

セリフを書き出す

30分以内の海外ドラマやTVを決めた後は何度も同じエピソードを繰り返しみていきます。

僕が全く英語ができなかった当時のセリフを書き出すまでの大まかな手順は以下の通りでした。

  1. 吹き替え版でエピソードの内容を把握
    (日本語字幕版でも可能)
  2. 字幕を消して何を言っているのかをWordに書き起こしていく。
    (手書きは時間ロスになるのでPCで書き起こしていきます。)
  3. Wordに書き起こした文の下に正しい英語を書いていく
  4. セリフの意味を調べる。
  5. セリフを英語で理解できるまで何度も見る

 

特に2の部分が一番大事ですね。

これは俗にいう「ディクテーション」というものです。

このディクテーションはわざわざ英語で書く必要はありません

 

僕の場合は全て平仮名やカタカナでWordにタイピングしていきました。

というのも実際に聞こえている感じと英語の文字列だと全く違うように聞こえることが多くあるので英語でディクテーションするとかえってリスニング力がUPするのが遅くなってしまいがちだからです。

例えば

What are you doing?

という文があったとします。

日本人の英語学習したての人ですと

わっとあーゆーどぅーいんぐ?

といいますよね?

ですが、この文を実際のネイティブが話すと

わらゆーどぅーいん?

といった感じに聞こえます。
(というかほぼそう言ってます。)

実際アメリカ人とチャットすると

What r u doing?

とメールがきます。

 

ですのでネイティブが実際に言っている発音の仕方を勉強するためにはディクテーションを平仮名やカタカナを使って勉強する方がリスニング力UPに繋がるのではないかと思っています。

 

ディクテーションで10文くらいorだいたいの会話の流れを1区切りにした後、英語字幕を付けて先ほど平仮名やカタカナでタイピングした文の下に正しい英語文をタイピングしていきます。
そこではじめて実際に耳から聞こえている英語と英語字幕の文をすり合わせていきます。

この時に「話している英語は○○と聞こえるけど実際は○○と言ってるんだ」という感覚に最初はなります。

 

次にもう一度自分がディクテーションした文字と実際の英語を見て、その後に英語の字幕なしで1シーンを見てみます。

徐々に内容が理解出来たら次の1シーンといった形で進行させていきべOKです。

 

セリフをシャドーイング

 

最後にすることはディクテーションした文字や実際の英語字幕を参考にしつつ、俳優が話している言葉を実際にシャドーイングしていきます。

これは何度もおこなってください。

 

僕の勝手な考えになりますが、

自分が話せる言葉以外は聞き取ることができない

と思っています。

 

ですのでシャドーイングで俳優の言葉を何度も朗読して覚えるくらいまで練習してください。

これによってスピーキング力もUPします。

 

この流れで1エピソード毎に続けると最後の方のエピソードは字幕なしでもほとんど理解できるようになります。

 

以上が僕がHuluを使用した英語のリスニング力UP勉強方法です。

HuluでなくてもAmazonプライムやNetflixでも構いません。

楽しみながら英語力を向上させていってください。

コメント