【スポーツ業界で働きたい方必読!】池田純氏主催のスポーツビジネス・ゲスト講義を受講してみよう!

スポーツ

「最強のスポーツビジネス Number Sports Business College講義録 (文春新書) Kindle版」

という書籍がつい最近発売されましたね!

僕も今現在読んでいる途中なんですけどもとても勉強になります。

この書籍は簡単に言うと、この書籍はDeNAベイスボールの前社長、池田純氏が発起人となって行われたスポーツビジネスに関する講義の議事録になります。

 

例えば、一番最初のゲストスピーカーである鈴木大地氏の話では、

スポーツの関心のない人にどうやってスポーツに興味を持っていただけるようにするのか?

といったQuestionがありました。

それに対して

「にんじん嫌いの人に人参を食べるように言っても無理だが、人参のすりおろしとリンゴのすりおろしを混ぜて食べやすくすれば食べてもらえるかもしれない」

という秋元康氏の言葉を紹介しており僕自身も「はっ!」と気づかされることがありました。

 

この時に「あ!J1開幕戦&金曜開催でサガン鳥栖が行ったハーフタイムの元東方神起のジェジュン氏のハーフタイムコンサートなんかそうだ!」と思うあたり自分もまだまだいけてますね。わら

 

他にも千葉ジェッツふなばしの島田社長の講義やMLB JAPANのスモール氏のMLBのアジア戦略についての講義内容についても先ほどの書籍に書かれているのでスポーツビジネスに興味がある方は特に読んでおいた方が良いと思いますi。

(スポーツ業界で働きたいという大学生は絶対に読んでおくべき一冊です。)

スポンサーリンク

2018年度の講義も実施中!

2018年度もNumber Sports Business Collegeは開講中のようです!

 

日本にいたら是非とも行きたい講義です。。^^;
(オンライン遠隔で講義を受けることも可能のようです!!)

 

興味がある方は是非とも参加して見てください!^^

 

大まかなゲストはこちら

5 月 31 日(木) :山内隆司氏(ガンバ大阪代表取締役社長)
:伊藤慎次氏(ガンバ大阪営業部パートナー営業課長)
6 月 14 日(木) :藁科義弘氏(川崎フロンターレ代表取締役社長)
6 月 27 日(水)   :桑田 真澄氏(元プロ野球選手)
7 月 4 日(水)     :河田 剛氏(スタンフォード大学アメフト部コーチ)
7 月 19 日(木)   :土屋恵一郎氏(明治大学学長)
8 月 2 日(木)     :白石康次郎氏(海洋冒険家)
8 月 30 日(木)   :八田茂氏(日本バレーボール協会専務理事 東京 2020 大会準備室長)
9 月 13 日(木)   :次原悦子氏(サニーサイドアップ 代表取締役社長)

 

今現在、日本では日大のfootball問題が大きな社会現象になっていますね。

これについても7月4日の講義ゲストであるStanford Universityのfootball coachである河田氏がアメリカから見た、日大アメフト問題について議論してくださるかもしれません。

 

要チェックです!

 

他にも

Jリーグでは地域密着のクラブ運営を行っている代表格である川崎フロンターレの現代表取締役社長である藁科義弘氏の講義が6月14日に行われます。

 

川崎フロンターレの2017年度におけるスタジアム稼働率は何と82.4%で断トツのリーグ1位
(2016年度も82.5%を記録)

【2017年度】J1リーグの観客動員数は前年比19万人増!神戸はポドルスキの加入で歴代最多の観客動員数を記録
2017年度のJ1リーグは川崎Fが最後に鹿島を勝ち点差で上回り初めての...

ではどの様に地域密着を行いながらスタジアム稼働率を上げ、集客UPに成功したのか?

恐らく、6月14日の講義ではそれらの具体的な話についても聞けるかと思います。

 

受講方法

受講方法は下のボタンからサイトに飛んでいただき「いますぐ受講」をクリックして手続きをしていただければ受講できます。

 

受講プランは会場から家が遠い場合はオンライン受講の「個人一般コース」で大丈夫です。

 

大学生でスポーツ業界で将来働きたいという方は是非とも参加すべきです。

「最低月1万円もするのかあ」と考えるのではなく、「1万円で聞こうにも聞けない内容の話を聞くことができる」、「月2万5,000円でスポーツ業界の大物の方とコネクションを作る環境に身を置くことができる」と思えば安いものです。

 

現在、アメリカの大学に通う個人的な経験から言うとスポーツ業界はコネクションの世界です。

特にアメリカはそうですね。

日本のスポーツ業界も似たような感じだと思います。
その中でこのような講義を通じて学生のうちからコネクションを作っておけば将来スポーツ業界のあるチームにおけるポジションが空いた時に声をかけてもらえるかもしれません。

 

ですので一県、1万円や2万5000円は学生にとってはとても高いかもしれませんが、是非とも参加してみるべきだと思います。

 

大学生のうちにしかできない事をしましょう。

 

第1回の講義録に興味がある方はこちらを読んでみると良いです。^^

 

 

 

 

 

 

コメント