【国内旅行】最安値で国内航空券を購入できる時期まとめ!1~3か月前が安値期間!

旅行

f:id:nc_ryugaku:20170919091328j:plain

航空券が安い時期っていつぐらいなのか?

航空券を購入する際に誰もが考えることかと思います。

そこで、今回はSkyscannerが発表した2017年度現在の最新データを参考に出発地別・目的地別に最安値の国内・格安航空券を購入できる時期について表を作ってみました。

では、早速地域別に格安航空券が変える時期を見ていきましょう。

(データのリンクは一番最後にあります。)

1.東京発

1.目的地別の最安値

f:id:nc_ryugaku:20170919054547p:plain

東京発の目的地別の最安値週です。

上のグラフの数字は出発日から何週間前が一番安い航空券を購入できるのかを表しています。

大阪行きの航空券は出発から22週間前が一番安いみたいですね。

一か月を4週間と考えると5か月と2週間前という事になります。。

2.安値の期間

次に東京発、目的地別の安値期間は以下の通りです。

f:id:nc_ryugaku:20170919053750p:plain

全体的な傾向として言えることは出発前の3週間前までは低価格よりも安く航空券を購入することが可能だということです。

ちなみに黄色マーカーを引いてある箇所は最安値の期間が安値期間の中に含まれていることを意味します。

例えば、大阪の安値期間は2週間前から20週間前ですが、最安値のチケットは22週間前となっています。

このように最安値の週と安値期間が違う場合がある地域はマーカーを引いていません。

(逆にした方がよかったかも。。)

ちなみに阪着の航空券は22週間前が平均価格より14%安いのですが21週間前になると平均価格より7%高い航空券になっています。

3.最高値の時期

最後に東京発、目的地別での最高値の期間です。

上のグラフからも見て取れるように1週間前を切った時点で航空券を購入しようとすると平均価格よりもはるかに高い価格になってしまいます。

高値の期間は安値の期間が終わったころから出発前までの間です。

ですので、出発3,4週間前から徐々に平均価格よりも航空券の値段は高くなっていき、出発の7日前からチケットの価格は最高値になります。

8か所の地域では出発の週が一番航空券の価格が高くなりますが、大阪や広島などでは24週間前が最高値になっていますね。

大分を除く5つの地域では23~25週間前、すなわち半年前が東京発の航空券においては値段が高くなる傾向にあるようです。

2.大阪発

f:id:nc_ryugaku:20170919061932p:plain

大阪発、目的地別の最安値と最高値、安値期間を表した表です。

大阪発で注意してほしいことがいくつかあります。

一つ目は熊本の最高値です。

これは最近の統計の傾向なので来年度以降どのようになるかは定かではありませんが、今回のSkyscannerの報告によると、熊本の最高値の時期は大阪出発の20週間前、約5か月までその価格は平均価格の約2倍です。

2つ目は大阪発、石垣島行きの航空券です。

石垣島は大学生や若者など老若男女問わず人気の観光地であり、人気の観光地です。

ですので、人気の観光地だから早めに航空券を確保しようと考えの方もいらっしゃると思いますが早すぎる航空券の購入には注意が必要です。

というのも、石垣島行きの最安値は出発の20週間前ですが、その週を除くと安値の期間が始まる11週間前までは高値の期間が続きます

なので、石垣島行きの航空券を購入予定の方は1~3か月前に購入するのが吉でしょう。

3つ目は仙台です。

仙台の安値の期間は上のグラフですと3~19週間前の期間が平均価格よりも安く飛行機のチケットを買えるとなっています。

しかし、実際には出発9週間前だけは高値となっており、平均価格よりも8%高い値段となっています。

4つ目、最後に東京行きの注意点です。

東京行きの航空券は14週間前までは平均価格よりも高値となっているので、東京行きの航空券を買う際は13週間前以降が良いかと思います。

3.名古屋発

f:id:nc_ryugaku:20170919075301p:plain

名古屋発のグラフです。

沖縄行きの航空券は人気みたいで、1か月を切ると航空券の価格は大きく跳ね上がる傾向のようです。

東京は1週間前でも価格は平均価格よりも1%増だったので、直前の購入でも平均価格くらいで購入可能かなと。

仙台行きの航空券は3週間前になると急に航空券の価格は高騰するので注意が必要です。

仙台行きは2週間を切ると価格が平均よりも30%以上高くなる傾向のようです。

4.福岡発

f:id:nc_ryugaku:20170919080717p:plain

福岡発の国内航空券の価格はこのような感じです。

沖縄行きの航空券を購入する際は計画的に購入する、ていう事だけで大丈夫かなと。

沖縄行きの航空券は石垣や那覇など全てのところで3週間前を切ったあたりから価格は高騰していき出発の週になるとその価格は大変高くなります。

1か月前から3か月前に購入すれば格安航空券を確保できそうですね。

5.札幌発

f:id:nc_ryugaku:20170919081947p:plain

札幌発の価格比較は上の通りです。

Jリーグのアウェイ遠征を予定している方は日程が決まっているようであれば3か月前くらいに航空券を購入すると安く済みそうです。

6.沖縄・那覇発

f:id:nc_ryugaku:20170919083055p:plain

那覇発のグラフです。

大阪、東京などの都市行きは2,3週間前までは安値ですね。

7.仙台発

f:id:nc_ryugaku:20170919083803p:plain

仙台発のデータが少なく、東京行きのデータはありませんでした。

5つの主要都市行きのデータだけですが全体的にみて、出発から1~4か月前までに買うのが良さそうです。

8.熊本発

f:id:nc_ryugaku:20170919084447p:plain

熊本発の地域別データは上の4都市のみです。

東京行きの航空券では出発から5~14週間前の価格が平均価格よりも約18%低いようです。

したがって、東京行きの航空券は1~3か月前に購入すると格安航空券を入手できるかと思います。

9.鹿児島発

f:id:nc_ryugaku:20170919085253p:plain

鹿児島初の航空券の期間比較はこのような感じです。

数字は出発から何週間前かを表してます。

10.神戸発

f:id:nc_ryugaku:20170919085821p:plain

最後に神戸発の比較です。

神戸の方は伊丹または関空を利用するのが一般的だと思うのですが一応グラフを作りました。

参考程度にお願いします。

早すぎず遅すぎず

以上のデータから見えてくるのは航空券が安い時期は1~3か月前のようですね。

早く航空券を購入しても高く、出発直前も同様に高い傾向にあるので、航空券を購入する際はちょうど良い時期、1~3か月前がおすすめです!

今回、参考にさせていただいたサイトは

Skyscannerの以下のページです。

詳しく見たい方はこちらからお願いします!

スカイスキャナーの「ベストタイム・トゥ・ブック」(国内旅行編)

コメント