【体験談】ボスキャリのレジュメ自己PRに6000文字は必要なし!

ボスキャリ

2019年度ボスキャリに参加予定の方が、そろそろボスキャリの自己PRやホテルの予約をし始めるころだと思います。

皆さん初めての経験であり、ネット上でもボスキャリ情報が少ないため、
悪戦苦闘している学生も多いと思います。
(私も昨年参加した際に、情報が少なくとても困りました。。)

今回、2019年度ボスキャリに参加する方々から、
「自己PRも文字数が6000字もあるが何文字書けばよいかわからない。。」
という悩み相談を多くいただいております。

そこで、今回は私の体験談や昨年ボスキャリに参加した知り合いの体験談を皆さんに共有させていただきます。

スポンサーリンク

レジュメを読む側の立場を考える

ボスキャリのレジュメ作成欄に、自己PRがあり、自己PRの文字数が6000字まで記入可能ですよね?

だからといって、自己PRを5400~6000字書けば良いということではありません。

むしろ、自己PRを5000字以上も書かないほうが良いです。

 

一度、レジュメを読む側(採用者)の立場を考えてみるとわかりやすいかと思います。

皆さんが、採用担当の立場であった場合、
5000字もの自己PRを全部読もうと思いますか?

私なら、絶対に読まないと思いますし、読む気が失せますね。。

例えば、Wordの行間が1で、5200文字書いた場合、
ページ数は4ページ数にものぼります。。

多くの志望者のレジュメを読まないといけない採用担当からすると、
わざわざ全然知らない志望者の熱意を5分もかけて読む価値があるのか?

このように考えると、
自己PRを5000字以上書く必要はなく、
むしろ、そのような長文は避けたほうが良いことがわかりますよね。

このことからも、
採用担当の立場を考えた場合、
レジュメの自己PRに6000字も書く必要はないことがわかります。

自己PRの文字数は1000字以内でOK

では、どれくらいの文字数でレジュメの自己PRを記入すればよいのでしょうか?

結論から先に言うと、
自己PRの文字数は1000文字以内で十分ですし、1000文字以上は越えないほうが良いでしょう。

先ほど2018年度のボスキャリサイトで自分自身が作成したレジュメの自己PR文字数を調べたところ、以下の文字数でした。

右端を見て頂ければわかるように文字数は783/6000でした。

 

何故、1000文字は越えない方が良いかは、既に述べた通りです。

採用担当者に無駄なストレスを与えないようにするためです。

採用担当の方が、自己PRを読んでいて、
「文章が無駄に長いよなあ。。」
「文章が長い割に何を伝えたいか全然わからない。。」

といったネガティブな印象を抱いた時点で、
選考突破率がグッと下がってしまいます。

 

このようなことからも、
自己PR文字数上限が6000字であったとしても文字数は1000字以内に抑えたほうが良いでしょう。

自己PRは端的にまとめよう

最後に、

自己PRをどのように書けば良いか、困っている人も多いかと思います。

私自身もボスキャリが人生初の就活だったため、
自己PRや各社の志望理由を書くのに最初は大変苦労しました。

初めのころは、伝えたいことが全然伝わらないような文章を長々と書いていました。^^;

特に文字数1000字や400字以内で伝えたい文章を書くことが結構難しいですよね。。

 

では、自己PRや志望理由を端的に書くにはどのようにすればよいのでしょうか?

これはアメリカや海外の大学に通っている方はもちろん知っていることだと思います。

結論→結論の根拠→根拠の理由→結論の再提示

といった様な結論ファーストの文章を書くことです。
PREP法とも呼べれているやつです。

これだけで、時間がない採用担当の方にも
伝えたい内容を端的に伝えることができます。

結論から文章を書くことに慣れていない人は一度、

「結論から書く」とGoogleで調べてみるのも良いでしょう。
無料でたくさんの方法が紹介されています。

 

あとは、本気で第一志望の有名企業に行きたい方は
Amazonのランキングで毎年1位に入っているエントリーシートの本を購入することをオススメします。

これはKindle本で購入できるため、
海外在住の学生にとってもありがたい本になります。

 

私自身も2019年度版の本を利用してボスキャリに挑みました。
エントリーシートで落ちたのは、この本を読まず、テキトーに書いた最初のものだけです。
(ちなみに第一志望の企業がその落ちた企業でした。。)

 

他にもエントリーシートに関するオススメの書籍や、
コンサルタントファームを志望する方向けのオススメの書籍は今後紹介しようと考えています。

個人的にボスキャリの相談をしたい、という方がいましたら、
コメントに、メールでの返信希望の旨をお願いいたします。

直接メール、もしくは他のツールで相談に乗ることも可能です。

それではボスキャリに向け頑張っていきましょう!

コメント